リソグラフは理想科学工業株式会社のデジタル印刷機のブランド
リソグラフと複合機とでは仕組みもコストも違います
しかし印刷するというところは共通しています


リソグラフは孔版印刷という仕組みで
スクリーン上の版に微細な孔を開けそこからインクを紙に押し出します
なのでマスターという消耗品が必要でインクも先の仕組みからも必要だとおわかりだと思います


対して複合機は代表的な消耗品がトナーや感光体
どっちがいいとかではなく使い分けでしょうか
例えばリソグラフは最高180枚/分であったりしますが
複合機ではそこまでのスピードは期待できません
しかし綺麗さであったりカラーの色彩は複合機に分があるように思います


コスト面ですが複合機でモノクロだったりするとカウンター料金で1枚3円
リソグラフだと1枚1円以下❔
ただしこれは保守契約の内容や本体価格との兼ね合いもありますので要注意


リソグラフは本体65万円辺りから200万円超えですね
複合機も本体50万円~ なので本体価格は似ているかもしれません


チラシだとか資料を大量に刷る場合はリソグラフよさそうです
そんなにクオリティが不要であったりスピードとコストで少数小回りだとか画質だと複合機


大体、複合機はですねプリンターやスキャナ、FAX機能がついています
やっぱりリソグラフと複合機の立ち位置は違いますね


トナー最安値